いまだにこんなことから抜け出せない企業や個人の方いませんか?

・大量の紙を印刷して保管
・エクセルファイルを利用して業務を行なっている
・システム使っているけど連携されていない。
・ハンコがないと進まないしどこで止まっているかわからない
・システムで出力したファイルをエクセルでデータ加工

もっと便利にならないかとみんな思っているはずです
FASTRIVERSはそんな時にこんなものがありますみたいなお話ができます。

DX化の実施例

予約台帳も顧客データも紙のカルテで管理

・手書きのため、紙がぐちゃぐちゃになり予約していたお客様の情報をを見逃してしまった。
・過去に何名のお客様が利用していくら売り上げたのかデータがない。

実際のDX化へやったこと

パソコンをまず導入して徐々にシステムへと移行させた。簡単なデータ入力でパソコンにふれることからできる喜びを体験してもらう。

いきなり紙の管理を止めるのではなく段階的に便利だと思ってもらうところから始めた。

今では完全にペーパレス化に成功。過去データも活用でき、傾向と対策ができるようになり商品開発に役に立っている。売上も前年の3倍になり自動化したことで人件費はそのままで運用でき大幅な利益増となった。